プロフィール

Buu

Author:Buu
現在は主にSAを中心にやっています。
気軽にリンク申請してください。

FPS経歴
-SpecialForce-
・account Buu (kd1.7)
・clan
Su
3rd-Nx

-SuddenAttack-
・account BuuNy (kd66%) 
・clan 
Pop~Rhythm♪(Master)
KpXa  [元名] くぱぁ
Homeless
diversioN
Polyrhythm
worr1st
INSPIRE

SACTL2008ベスト3(オフライン辞退)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

マウスについてくる星

RSSリンクの表示

pictlayer

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1=2 解説

答え載せて!!って声もあったので解説。
さて何故このような答えになってしまったのか。
それは、両辺を (b-a) で割ってしまったから。
この証明では (b-a) = (1-1) = 0 なので、つまり0という数字で割ったのです。

数学では、0で割るということはできまん。


数式では足し算引き算なら0は無関係。
さらに掛け算ではなにを掛けても答えは0です。
こんな事は誰でも知っている事でしょう。

では割り算はどうなのか?

0÷2はいくつでしょうか?
当然0ですね。
よく小学校などではケーキを何等分するかなどで表しますが
無い物を何人で分けようが0は0。

では2÷0は?
2個あるケーキを0人で分ける・・・
イメージすると無限という妙に怖いものがあります。

色々と証明すれば結構簡単に分かるんですが
0で割った場合の答えは「なし」になります。

ちなみに0÷0の答えは無限に存在します。
え?これも「なし」じゃないの?
って思いがちですがそれが面白いところ。
んーこんな簡単な問題でも深いもんだ。
証明についてはまた次に。。。


(-ω-ゞあい⌒☆







<< 0で割るという事 | ホーム | 1=2? >>


コメント

こんなのにひっかかるのは
taNaさんだけですよね~

>マクラ
式を難しくしようと思えばいくらでもできるけど見てる人が分からなきゃつまらんからな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。